子牛の誕生

  • 2016.01.23 Saturday
  • 23:16

夜半にいつも静かな牛小屋から、雌牛の大きな鳴き声が何回も響きました。産まれたかなと思って行ってみると、すでにヘタリと子牛が横たわり、母牛がしきりに子牛をなめ回していました。母親はなめながら興奮した様子で鼻息が荒く、小さな小屋で大きな仕事をやり終えた事が伺えました。産まれて一時間もしないうちに子牛は立ち上がり、ビポドにうながされて初乳を飲みました。この乳を飲む事が子牛と母牛にとって、とても大切な事なのだそうです。飲んだ後、子牛の舌がチョロっと出しっぱなしになっているのも可愛いらしい。未だ自覚がおぼろげな感じがします。一体どうこの子牛が、この雌牛の腹の中に入っていたのでしょう。私たちの目前で母親に息を吹き込まれたかの様です。この世に出て間もないのに驚くほど大きく立派な雌牛です。ひとしきりなめられた後は、体全体が輝く様に美しくなりました。由利子


コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM